--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.15 (Fri)

作詞・引き出し

引き出し

まだ自分に引き出しがあるように振る舞っている
本当の姿が分かったら
君が離れて行くのを知っているから
何かの教えがあり 学んだら 次のステージへ
そうやって繰り返し人は進んで行く それは分かっているけれど
それでも君と一緒にいたい

ここに留まらせることは歪めていることなのだろう
2人は釣り合わない きっと・・・ でも・・・

あなたは「分かっている人」 まだ最後の一手は見せない
そう引き出しは閉じておいて
ミステリアスこそ最高の魅力ね
想像と虚像 謎があるから夢を見られる
街の成熟も 人の可能性も 未知に向かって光を探す
離れる時は多分自然に

ここに留まるかどうかは私には分からない
導かれた道へ そっと・・・ 一歩・・・

ここに留まらせることは歪めていることなのだろう
2人は釣り合わない きっと・・・ でも・・・

ここに留まるかどうかは誰にも分からない
導かれた道へ そっと・・・ 一歩・・・
18:50  |  作詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.12 (Tue)

作詞・モノクロ

モノクロ

白黒の街に撥ねつけられて
いつものように指先を冷たくしてる
傷ついて 起き上がって また探して いつまで繰り返すの?

モノクロの現状では駄目でしょうか?
色々な状態の人をこの街は抱えている
その人だけの役割 そういうもの あるならば
どんな終わりでも どうか幸せを 感じて欲しい

白黒の街の進化の下で
摩擦に耐えて 口はカラカラ渇いてる
磨耗して 追いかけて 使い捨てて いつまで続けるの?

モノクロの人間は不要でしょうか?
紙に『書かれない部分』に味わいが隠されていて
緩めた状態なら ゆっくりと皆 廻り出す
そんな妄想を 少ししてみても いいじゃないか

モノクロの現状では駄目でしょうか?
色々な状態の人をこの街は抱えている
その人だけの役割 そういうもの あるならば
どんな終わりでも どこに着こうとも もう行けばいい

もう行けばいい
18:43  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.10 (Sun)

7thアルバム「Hometown」

仮想オリジナルアルバム7、Hometownを作ってみました。

Hometown

1・昔話 
2・松林の浜 
3・反復 
4・彗星 
5・紫陽花 
6・夢の国 
7・DANCE 
8・カシス・ソーダ 
9・海溝 
10・流れ 

※作詞●


仮想オリジナルアルバム第7弾です。
故郷や帰る場所などをイメージして作ってみました。(第1弾はこちら、第2弾はこちら、第3弾はこちら、第4弾はこちら、第5弾はこちら、第6弾はこちら)

(1)昔は古きよきものがあったなあと思い書いてみました。
(2)昔の浜の風景を想像して。
(3)跳べるかは分からないけど、誰もが頑張っているはず・・・と
(4)受験の時期の学生の淡い恋愛みたいな。
(5)こちらも恋愛で別れた後の孤独な心境を。
(6)人は保護色となって場面に対応しているのではないか。
(7)自分も踊っていたい(笑)
(8)ソーダの泡がキラキラ光って消えていく様子に無常観を重ねて表現してみました。
(9)心の海溝のような感じで。
(10)流れて、そして帰っていくのではという思いを書いてみました。

全体を通して日本的な感じになったように思います。
(1)で幻想的な感じで始まって、(2)まで引き継ぎ、
(3)(4)(5)と現実的なテーマで引っ張ります、
(6)で変則的な曲になり、軽快な(7)、ジャズっぽい伴奏の(8)と実験パートが展開していきます、
(9)が重めのゆっくり(ラップパート入りで)
(10)も続いて重めのバラードで幻想へ帰っていくという感じです。
是非、色々読んでみて下さい。作詞に曲を付けてくださる方なども募集しています。
11:31  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.02 (Mon)

作詞・流れ

流れ

夕暮れ雲の河原で 流れを見ていた
水は燃えるようなオレンジをたたえ
飲み込まれそうな青緑をも覗かせる
忙しそうに車達が土手を流れて
何処を目指すのだろう? 僕も帰ろうか

流れ 流れていく
穏やかな海を見下ろし 空想の景色のように終われるだろうか
いつか 帰っていくから
今度は微笑んで逢いたい 素顔のままで

「残す」事を選んだ我々はどんな
顔を どんな背中を見せるのだろう?
明日は今日より良い日でありますように・・・
そう願い目を閉じて 切なさは繰り返される
善と悪 どちらも区別なく等しく流す

流れ 流れながら
水の色 濁りに 震えながら憤っている小さな自分がいる
いつか 望み続けて
何度目かを向かえ 分かった振りで身を守る

流れ 流れていく
穏やかな海を見下ろし 空想の景色のように終われるだろうか
皆 帰っていくから
今度は微笑んで逢いたい 温かい場所

そして ただいま
18:01  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.31 (Sat)

作詞・海溝

海溝

海溝と淡い光の狭間で 幻を見ていた
ダンスには入れず独り いつもの月とベランダ

光を 光を見たい
お気に入りのレコードを回せば
いつから 封じた気持ちが
私でも拒絶されないみたい

回遊魚達の移動 2つの意志を内包
肉体に縛られ 絶えない信号
競争の海 生き残ることこそ価値
基準は画一的 はみ出せば沈み
ここに居る間 本当の願いは叶わない
まとまる筈は無いのに・・・ そのままで良い

運命と噛み合わない 「自我を出した方が良いよね」と
分かっているけれど・・・ 他人軸に慣れていて戸惑う

光に 光に気付かず
過去の痛みから抜け出せずに
次第に 無念に囚われ
海溝に沈んでいくみたい

光に 光に気付かず
過去の痛みから抜け出せずに
次第に 無念に囚われ
どこを漂って行くのだろう・・・?
16:57  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.07 (Wed)

作詞・カシス・ソーダ

カシス・ソーダ

街の人々はいつも新しい顔で
流れゆく存在 気にせず歩いている
秋風を微塵も見せない姿 疑問に思う

きっと どんな情熱も冷めゆくもの
感動もどろどろした日々に押し流されてしまう
みんな自分勝手ね ばらばらの氷
強かな生き方を装い集まって 今を作ってる

安楽に眠る おそらくそれは稀で
苦しみながらなのね・・・ きっと私も
誕生も熱情もそう無情ね 外は眩しい

走る抜ける意味は何? それならば
継続する優しさが欲しい キラキラ光る炭酸の粒
私は弱く 武器が欲しいと手を伸ばす
けれど遺伝子で決まるのかしら・・・ 今日も自虐のスパイラル

カシス・ソーダ 気が抜けてた
ここは陽が当たらない場所だから
こんなことを考えてしまうのね たわいもない独り言
18:08  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.05 (Mon)

作詞・DANCE

DANCE

ディスコで夜通し踊り狂っていた
明日に期待し 怯えながら
同じ心境の僕達だったから 気が合ったのかも知れない

ライトに照らされた君の横顔を見れば
熱がこの場を包んでいる
このままで2人 進みたい
明日へと続く DANCE

今週はパーティ 来週は海外
映画のような場面の中
目覚めたら夢が醒めてる 悪い冗談で笑わせたい・・・

「2人ならどこまでも行けるんじゃない?」と
シャンパンの泡を見つめてる
君と求め合い 踊りたい
浮き足立った DANCE

車のトランクにバラの花束を積んで
赤プリまで迎えに行くよ
軽やかなステップ 踊ろうよ
終わること無い DANCE

終わること無い DANCE
18:01  |  作詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。