--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.27 (Sun)

作詞・君が見ている

君が見ている

君が見ている 何かを訴えるような目で
ずっとこっちを見ているんだ・・・

理由は無かった 優越を感じる瞬間がただ楽しかった
くだらない計算で対象を決めていた
安全圏から投げつける言葉 卑怯が根底にあったんだ

姿形 生まれ 性格 きっと何だって良かった
今日したことを誇らしく手柄のように思って
シャワーを浴び 部屋のベッドの中気持ち良く眠る
~ああ楽しかった~ 嵐の中花は折れた

君が見ている その大人しい顔つきで
ねえ何か楽しませてよ
君が見ている 何かに怯えた様な目で
それは僕?また遊ぼうか

その事は問われることは無かった 僕たちは立場を持っていたから・・・
周りから霧に包まれる 自動的に
それぞれの『自分が可愛い』がいびつに廻り始めていた

処置は早かった 変化させた象徴と場所
砦は絶対で風と海が荒れても守り通す
当たり前に進めた 学び 夕陽のもと肩を組み
天秤が分ける 味わえなかった 味わえてしまった事実

君が見ている その大人しい顔つきで
ねえ何か楽しませてよ
君が見ている 何かに怯えた様な目で
それは僕?もう忘れたよ

月日は流れ 手を繋ぎ歩み 僕にも守るものが出来た
いつでも代わりになって良いとさえ思えた
無事 幸せに歩いていけますように・・・ 愛おしむ願い

ある日 激しい雨に濡れている事に気付いた
闇に刻まれた印 手口は『良く知っている』
そう自分がしてきた事 隠されてしまった声
身を切られるよりも痛い ~どうか助けてやって~

君が見ている その大人しい顔つきで
ねえ何が言いたいんだい?
君が見ている 何かを訴える様な目で
ずっとこっちを見ているんだ・・・
スポンサーサイト
18:48  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。