--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.25 (Fri)

作詞・紫陽花

紫陽花

2つの雨傘 霧に煙って咲いている
涼しげに街を彩るように
弾んだ足跡 抱えられた紙袋
生活の匂いもどこか楽しそう・・・

心をつないでいた お互いに
料理をするあなたを見つめ微笑む
心は離れないと 信じ合って
夢見たジューン・ブライド 花びらは散る

雨傘は1つ 変わり続ける街は
あなたの記憶を流していくようで
古いビルの雨どいに水が集まっては
紫陽花の脇 無常に流れていく

心をつないでいた あの頃は
壁に貼られたままの写真を見ては
心が動き出せず 痛むだけ
意識はまだ雨の街にとどまっている

心をつないでいた あの頃は
窓の向こうの曇った空を見れば
台風が近づいているみたい
雨が今日もこの街を濡らしていく・・・
スポンサーサイト
18:22  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。