--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

作詞・欠けのある月

欠けのある月

寒い風が吹いた 旅人はいつも木枯しにされされて
若いうちはどうしても享楽的に生きてしまうから
情熱だけは忘れずに 人に大切に接していきたい

欠けのある月は回る
不完全なままで 光を受け
出来るのは 小さな事(だけ)
本当の顔は 誰にも見せない

夜の雲やスカイブルー 気付かない振りで通り過ぎるけど
確かにそこにある 不変なる何かを思わせるために
偉大な仕掛けは 僕達に温かい方向を示す

欠けのある月は回る
淡い彩のままで 光を映し
人に気持ちが寄り添ったり
滲んだり 隠れたり 棘を抱いて

欠けのある月は回る
不完全なままで 光を受け
出来るのは 小さな事(でも)
誰かに寄り添いたいと 祈っている
スポンサーサイト
10:27  |  作詞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sla6net.blog43.fc2.com/tb.php/177-1c6e2164

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。