--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.14 (Tue)

作詞・月



港の向こう 工場の上に浮かぶ月
いつもより滲んで見える
温い風に吹かれ 君は優しい微笑みのままで・・・

何故 時は流れていってしまうのだろう?
歩いて来た道の差はあるけれど
袂には灯りを置いておこう
確かな繋がりを彩った 一つの時代

ガラスの先 流れる影 白と黒の帯
夜明けを目指して走った
いつか追いつける事を夢見 色褪せたあの写真

何故 変わり続けていってしまうのだろう?
止めておきたいと願っても 叶わず
運ばれる事 捧げる事と
誰も逆らえない流れ だから心に・・・

月の明かりが差し込む床
黄色く変色した表面を際立たせる

何故 時は流れていってしまうのだろう?
歩いて来た道の差はあるけれど
袂には灯りを置いておこう
確かな繋がりを彩った 一つの時代
スポンサーサイト
00:12  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。