--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.08 (Wed)

作詞・澱



今日も電車が止まった
舌打ちする背広の人 動揺せず画面を見る人
・・・それぞれ理由があったはずなのに
握り締めた手に爪が食い込んだ

心に溜まりゆく澱 くすんだ水が停滞して
腐食へと向かう
「自分だけは大丈夫」 永遠に他人事で
痛みを分かろうともしない 何だか息苦しいな・・・

今日も呼吸は浅い
嫌な所へ身体に鞭打って向かう 「もうやめたい」
普通に生きたい それだけなのに・・・
皆 首絞め合って苦しめ合ってる

心に溜まりゆく澱 閉ざされて光も差さない
深く堕ちてゆく
そこから痛みが分かるなら 真実が見えるなら
暗闇の中に手を差し出す事が出来るだろう

心に溜まりゆく澱 閉ざされて光も差さない
深く堕ちてゆく
そこから痛みが分かるなら 真実が見えるのなら
暗闇の中に手を差し出す事が出来るだろう

その手で 許されて 取り戻す人がいるだろう
スポンサーサイト

タグ : 作詞

00:49  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。