--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.26 (Thu)

作詞・実行者

実行者

午前2時の鐘が鳴り
都会に進入するように 私は忍び足で
ターゲットを目指す
情報の海 調達は容易だった

手が冷たくなる
蝋燭を吹き消す それだけのこと
なのに ためらいと体の怯えが湧いてくる
一歩を踏み出そうとしている・・

蒼が赤くなり 真昼の影は色濃く落ちる
砂粒は拾われなかった
前だけを見る仕組みと 暴発する心

手が真っ直ぐ伸びる
頭がクリアになる 意外なほど淡々と・・
後悔と逃れられない苦しみを負う事
今は正義と大義で麻痺させている・・

手が真っ直ぐ伸びる
黒い中枢の事を転嫁して
「償ってください」「救ってくれなかった?」
そして私をDeleteすれば全て終わる・・

そこには変わらない街の風景があった
スポンサーサイト
22:32  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。