--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.04 (Tue)

作詞・底からの叫び

底からの叫び

時々湧き上がってくるんだそれは
足りない部分 避けられなかった古傷
色々顔を現して胸が苦しくなる

通り過ぎる賑わい 許せなくて
堕ちて来ればいいのに 歪んだ願い

ここにいる間は頑張り続けなければならない
喜びは一瞬で 手を抜いたら攻撃されてしまう
豹変した顔に怯えながら
終わりまでそれが続くとしたら?
もう全て許されて眠りたい

搾取と犠牲の果てに膨張した化物
表向きの仮面をつけ 毒を撒き散らす
パッケージングされた嘘と 砂漠の行列

欲しかったのは滅びではなく 正される事
誰かが行動を・・・ 卑怯者の集まりだ

ここにいる間は奪い合いのレールは続いて行く
毎日の生活の一つ一つ ねばならぬと考えたら
気が遠くなって 動けなくなって
夢のことばかり考えてしまう
もう全て無かったことにしてくれ

ここにいる間はずっと傷つき続けるのだろうか
魔物がウヨウヨしていて完全に回避するのは不可能
弱肉強食 それが答えなら
自分はいなくてもいいんじゃないか
もう全て許されて眠りたい

意識の底へ・・・
スポンサーサイト

タグ : 作詞

19:10  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。