--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.21 (Mon)

作詞・孤



水面に揺れる蛍光灯の光
片手で掬おうとして ばらばらに散っていった
たゆたいながら場所を探して
一つに 一つに戻ってゆく

賑やかに見える通りも それは
違う目的の集合体

ひとつとひとつが巡り逢えるなら あなたは愛しい
人の本質は孤独
だから喜びを分かち合える

僕が弱い事はもう分かっているから
強くなりたいと願い 覗き込んでも
叶わず 傷は増えるばかりで
この頃 胸が痛い

戦わずに済ませたい・・・と望めど
何故か避けられないよ いつも

ひとつとひとつは解り合えないが 自由を求め
人の本質は孤独
だから疼きを分かり合える

ひとつとひとつが巡り逢えるなら あなたは愛しい
人の本質は孤独
だから そう喜びを分かち合える
スポンサーサイト
20:34  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.20 (Sun)

作詞・君に会いに行こう

君に会いに行こう

上手く話せなくて 落ち込んだり
普段より解り合えたようで 喜びを感じてみたり
小さな事で天気のように気持ちは変化していく
今日はどんな日になるだろう・・・

人を求める心には 誰も逆らえないのだろうか?
ノートに向かいながらそんなことを考える
メールは届いたかな?
そうだ 君に会いに行こう

二人の間に雨が降る事もあり
その時は仲直りのきっかけを待っている 時が経てば
晴れ間が覗き 足元のぬかるみも乾くだろう
話してみようか 冷静になって・・・

人を信じる心は 時に揺れたり不安になったりする
ペットボトルの底の水ように ゆらめいて
明日は約束の日
そうだ 海を見に行こう

人を求める心には 何かが隠されているのかも・・・
きっと 色々な事を共有したい想い
「こんな事があったんだ」
そうだ 君に会いに行こう
09:18  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.19 (Sat)

作詞・一歩

一歩

怒りを押し殺しながら 大人な対応をしても
無念は蓄積されていくだろう
いつか体に表れてくる それでも憎しみは消す事が出来ず
生温く奪い合い 排斥し合い 零れた心は闇に消える

それでも何事も無かったかのように消費し続けます
表面や体面が何より大切です
人は醜い
それでも刻んでいく first step

スクリーンのこちら側で涙を流しても 彼は
すり減ったタバコを さも当然のように
道路(みち)に捨てるだろう
掃除してくれる 見えない存在に気付かず
段々土から離れて虚ろに尊大に他人事になっていく

それでも資源を使い放題 今こそが全てです
仕事の為の仕事 阿呆らしいこの茶番
人は醜い
僕もその中の一部
それでも刻んでいく first step
09:17  |  作詞  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。