--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)

SS(ショートストーリー) 其の41 北斗星

北斗星

8月5日、
冬次は家族に部活の合宿に行くという言い訳と、少しの荷物を準備して学校にやってきた。
午前9時頃、陽太と合流する。

冬次「よう、もう大丈夫か?」
陽太「おう!大丈夫。」
冬次「今日の夜7時の電車だったよな」
陽太「あ、、そうだったっけ?」
冬次「;」
「松本君も大変だと思うよ、、;」
陽太「え、何が?」
冬次「いや、何でもない」
陽太の頭の怪我は大分回復しているよう、、なのか?;表面上は良くなっているようである。

2人は先生に挨拶をしたり、昨日の同級生達に声を掛けて回った。
冬次は別件で、部活のチームメイトへの挨拶があるようである。;
午前10時、今日は剣道部の部員達は来ているようだ。
冬次が歩いていく、剣道場への足が重い、、
扉を開ける
「ガラガラガラ、、」
何人かの部員達が練習していた。
部員達「、、、、、、、、」
冬次「お、おはよう。」(やっぱり空気が重いな、、;)
ぱっと見た感じやはり、ながら的に練習している様子が感じ取れたが、冷静に落ち着いてしゃべる
「皆、聞いて欲しい。おれもみんなにペースを合わせて練習したいと思っているんだ、、;」
「だからこれからも一緒に練習してほしい。」
部員達「、、、、、、、」
部員A「俺達も重かったし、合わせてくれるんなら(ペースを)、、なあ?」
部員B「あ、ああ」
冬次「あ、ありがとう;それで、勝手なんだけどしばらく部活を留守にしたいんだ、、それまで部を頼みたいというか、、」
「なんか勝手だけど、、また練習には参加したいんだ。キャプテンもおれじゃなくて他の人に頼みたい」
部員A「、、何かあったか?話してくれねえと分かんねえよ。」
冬次「あ、、」

冬次は今までの事(陽太と会ってからを重点的に)を話した。
部員A「何だか、ぶっとんだ話だな、、。でもキャプテンの事は保留にしておいてくれねえか?お前の活躍で部が持ってきた面もあるし、、そこは俺達も感謝してるとゆーか、、」
冬次「今岡、、(←部員Aの名前)」
部員B「僕達のペースも分かっておいて欲しいんだよな、、」
冬次「わ、分かった。;」
、、簡単な話し合いは終わった。微妙さが少し縮まったようである、、、部員達がやたら上から目線な訳だが、今は仕方なしか^^;

先生「気を付けてな、」
お昼ごはんを食べた後、先生に門まで見送ってもらった、
冬次「行って来ます。」
先生「何度も言うがちゃんと戻って来いよ。お前や朝日君を信じた上で送り出しているからな、、。」
冬次「はっ、はい。必ず戻ります。」
陽太「大丈夫だと思うぜ、」
先生「うむ;信じておくぞ。」
「それで、、札幌駅までじゃが、朝日君は学校の自転車を使うとよい。30分ぐらいで着くだろう。冬次は自転車通学だから大丈夫だな」
陽太「あ、ありがとうございます。」
冬次「じゃあ、行って来ます。」
陽太「先生色々ありがと~。」
先生「うむ。」

割とのどかな風景の中にある学校を、駅に向けて出発した。
流れる広大な緑が綺麗である。
陽太「ラッキー クッキー 八代亜紀 ラッキー クッキー もんじゃ焼き♪」


札幌駅に着いた。
巨大な駅ビルや色々なテナントを擁する、北海道の中心駅である。
2時ぐらいになっていた。
冬次「早く来すぎたな、、;」
陽太「すっげーな、駅を探検してみようぜ!」
冬次「あ、ああ、いいけど。;」
複合ビルやショッピングモール、デパート、ホテルなどをうろうろして行く^^;
本を読んだり、食料やお菓子を買ったり、あれこれしているうちに19時になった。

改札を抜けてホームに入る、少しすると2連結の青い機関車に引っ張られた、寝台特急北斗星が入線して来た。
ブルーの車体に金の帯が入っている、扉が開いて列車に乗り込んだ。
陽太「どこかな?」
冬次「一号車のB寝台らしい」
個室ではなく、開放型のベッドが4つ(左右2段)のタイプだ。
陽太「オレは上か、、」
寝台を堪能した後、荷物を置き、ロビーカーまで出てみる、
他の客もちらほらいるようだ。

陽太「すげーなあー」
冬次「良い雰囲気だよなあ、、」
廊下を通っていく、みんな乗車したばかりなのでなんとなくせわしない感じだ。
作者は乗ったことが無い訳だが、、^^;
6号車のロビーカーに着いた頃、列車が動き出した。
陽太「おお、動いた。」
冬次「おおおっ;」
緩やかに少しづつホームが流れていく、加速の速さは普通列車という感じで、特急と言う感じはあまりしない、ただそれが逆に旅情を引き立てているのだろう。
夏の19時台はまだ明るく、外の景色も確認できる。

陽太「あの女が個室で被害者の男性を殺し、盛岡で降りた、、」
「新幹線で先回りする為にだ、これで彼女は鉄壁のアリバイを手にする事が出来る。」
冬次「えっ?;」
陽太「実際、実は彼女は北斗星に乗車していたんだよ。カメさん、、これで決まりだな。」
冬次「いや、(意味が)分からねえよ;。」

寝台に戻って、買っておいた弁当やお菓子を食べる。
陽太ががつがつ食べる、
「うまー」
冬次「、、、昨日、今日と色々あったな」
陽太「モグモグ、、おう。」
「オレなんか、飛ばされて、お前とケンカして、今電車の中だもんな^^」
冬次「ははは」
「おれも、にぎやかな奴に押されて、部活の事が少し落ち着いたよ」
陽太「にぎやかな奴って何だよ、、」
冬次「ふふ、、」
「でも自分の力で人が助かった時、嬉しかったな、、」
陽太「女の子だったから、よけいにな?」
冬次「ちっ、ちがうよ;」
真っ暗な窓に2人の姿を映して、景色は遠くの灯りとともに流れていく。

弁当を食べた後、2人は色んな話をしました。
冬次のテーマ曲こちら
そしていつの間にか眠りについた。
列車は静かに進んで行く、次の夜明けを待ち焦がれているように、、


そして翌朝11:19分、列車は上野に着いた。
もうすぐ昼になりそうな勢いの朝日をきらきらと浴びていた、、。
(北海道編、完)


(続く)
お待たせしました、
色々なことを詰め込んでみました。;
北海道編はまさにssという感じで、壮大な物語ではなく、日常の延長のような小品という感じでまとまったと思います。こういう日常的なのもいいかな^^;
次回は仲間が全員顔合わせ、という展開にして行こうとおもいます。宜しくお願いします。
スポンサーサイト
00:00  |  小説  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.13 (Sat)

SS(ショートストーリー) 其の40 迷いを抜けて、明日へ走り出そう

陽太の「おまえも会ってみろよ」という発言に冬次は驚いた。

冬次が答える
「お、おれもそれは会ってみたいけど、、」
陽太「会おうぜ、体験入学でいいからよ!」
冬次「体験入学って;部活の試合も近いし、、部のやつらとも、、」
陽太「やつらとも、、?」
冬次「上手くは行ってな、、ウザイと思われているかも知れないんだ。おれが必死すぎるのに付いて行けないって、、」
「だからおれが一番に来て、練習したりして(練習などの)大事さを示したり、何とか分かり合いたいと思ってる、、」
「、、そのためにここにいないといけないから、そう言ってくれるのは嬉しいけど、一緒には行けない、、。」

陽太「そっか、部活のやつらか、、、」
「、、ならお前には今部活を頑張って欲しいかもな。」
冬次「??」
陽太「オレも部活をあきらめたからな、、ほら能力あるだろ?だからスターを通り越して、反則扱い(笑)お前がいたら俺たち活躍できねえんだよ~って感じでな。」
「だから、、そんなことがあって運動部は諦めた。オレがどうかなるんじゃなくて、オレのせいで誰々が~とかなったらさすがになあ^^;」
「でもその時ぐらいに友達に生徒会に誘ってもらって、そこで用心棒みたいな(笑)仕事やってる、結構楽しいぜ。」
冬次「諦め、、た?」
陽太「ああ。オレはそうだけど、お前も大事な時期っぽいから誘うのは辞めとくわ」
冬次「あ、諦めるなよ!凄い才能があるのに。」
陽太「(゚Д゚)ハァ?」
「いや、今オレの話じゃねえから。」
冬次「そうだけど!、、やりたい事を諦めるのは勿体無いと思って」
陽太「だったらお前もやりたい事を諦めずにやれよ!ガツンと(部員に)言えば良いんだよ。」
冬次「おれは、、、、、行きたいよ!お前たちの力になって!」
陽太「(゚д゚)!?、、、、、、、、、」

陽太はあ然とした、、
「、、、いやお前が本当に来たいと思ってるんなら嬉しいけど、、;」
冬次「あ、、」
「じ、自分の剣が人の役に立ったのなんて初めてだし、、もっと役に立ちたい、救いたいってゆうか、、いや、勝手な思いだけど、、。」
「でも、、あいつらとも和解していきたいし」
陽太「;、、、、、、、、、」
!ガラッ
いきなり保健室の戸が開いた。
先生「行って来たらどうだ?」
冬次「先生;!?」
「でも、、」
先生が戸の向こうで少し話を聞いていたようだ、というか保健室で大声で言い合いしてたんだな^^;
先生「朝日君、いつぐらいに帰れる旅なのかね?」
陽太にたずねる。
「いや、、いつかは、、;夏休みが終わるぐらいまでかも知れないし、帰れない(永遠に)かも知れないし」
先生「ほう、、ではここの暴れん坊2人だったら帰れる確立は上がると考えて良いか?」
陽太「、、ああ、こいつ(冬次)がいたら確かに上がると思うぜ?;」

先生が発言する
「、、だそうだ。部員にはわしが上手い事言っておこう。なるべく早く戻るという条件で休部を許してもいいがな?」
冬次「あ、、」
陽太「、、、、、;」
冬次「、、、、、」
「あ、ありがとうございます!行かせていただきます。」
冬次が決心を口にした。
陽太「おお、、」
先生「うむ。」

エミコ「北神くん、おめでとう」
エミコがカーテンの向こうから顔を出した。
冬次「あ、ありがとう、、聞いてたんだ;」
先生「早速だがこうなると思って、明日の19時27分発、上野行きの寝台特急北斗星のチケットを二人分取っておいたぞ」
冬次「ええ!?;」
陽太「すげえな、、;」
陽太が質問する
「ところで先生、切符のお金はどうしたんだ?オレバイトしてないぜ、、(どっかでしろと言われたらやるけど、、)」
先生「はっはっは!プール掃除をやってもらったからな、、わしが出すつもりだったが、お前さんの学校の先生に「こちらの問題児がご迷惑をお掛けしましたのでこちらが全部払います」と言われたのでそれではと、わしは冬次の分を出す事にした。だから心配はいらんよ。」
陽太「そっか、、すんません。、、しかし問題児か;」
冬次「先生、すいません。お金、、ちゃんと返します。」
先生「よいよい」

頭の怪我のため、今日は大事を取って明日の晩出発することになったようだ。
時刻は4時半になっていた。
陽太は今日は保健室に泊まることになった、
先生に晩御飯のほか弁を買ってきて貰い、食した。
退屈しのぎのために、用務員室のテレビを保健室に持ってきてもらったりしたみたいだ、
晩は割と涼しく感じる、その点は流石北海道だと言えるだろう。
そして夜は更けていった、、。


(続く)
何とか、、
2人が良い感じでぶつかり合ってくれるので助かりましたw
ひまわり君は軽い気持ちで出した主人公なのですが、キャラ立ちや存在感はやはり一番でしょうか、、。冬次は気合を入れたのですがエンジンの掛かりが今ひとつ、、w
00:00  |  小説  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.06 (Sat)

SS(ショートストーリー) 其の39 必要

女子テニス部へと乱入してきた、狂った男
冬次はその気配を感じ取っていた。

冬次「何だろう、、運動場のあたりから感じる、、」
「、、とりあえず運動場へ引き返そう。何かがいる。」
廊下を走って引き返した。

テニスコートでは、白目を剥いたおっさんの振り回すラケットが、再び女子生徒に直撃しようとしていた!
グンッ!?
陽太「間一髪だな、、」
直撃する寸前で、陽太がラケットの柄を握って止めたようだ。
女子生徒「!?、、あ、、ああ(震えている)」
陽太「今のうちに逃げな。」
女子生徒「あ、、、」
腰が抜けて立てないようだ、同じ部員達も周りにいるのだが、突然の出来事に戸惑っている。
陽太「ちとダメか、、おーいこの子を運んでやってくれねーか。お前らも一緒に逃げてくれ!」

陽太の声に一人の女子部員が反応した、
さっと駆け寄って来て
「エミコ行くよ!」
肩でエミコを支える感じで、陽太をちらっと見て避難していった。
おっさんが暴れだした。
「オワタナアアアアアアア!」
陽太「いいかげんにしとけよっ」
腹にパンチが入る、さらに続いて柔道技の足払いが決まった。
おっさんが地面に体を横たえる。
陽太「ふう、、気絶したな。みんな逃げたかな、、?」
女子部員達は全員避難したようだ。

陽太「こいつ、間違いなく影なんだろうな。こんなとこにもいるのか、、」
「さーてどうするか、、うっ!?」
後頭部に強い打撃を喰らった。
陽太が目を逸らした瞬間に、おっさんは起き上がり、拳での一撃が入ったのだ。
陽太「がっ、、!?気絶、、したはずじゃあ、、」
おっさん「オワタナーーーー!!」
さらに大降りのパンチが陽太を襲う。
陽太「!?」
ふらふらっとなり、倒れこむ。
陽太「や、、やべえ;」
おっさんが落ちたラケットを拾ってきて、振り下ろす構えを取る。
陽太「一難去ってまた一難かよ、、」
頭に向かってラケットが振り下ろされる。
陽太(くそっ、ダメか;)

ガギイイイイイイン!!
ラケットはモップに激突した!?
いや、冬次がモップでラケットが陽太に直撃するのを防いだと言っていいだろう。
冬次「ぶっちゃけありえないよな、、」
陽太「、、冬次?;、、、、、、見てた?」
「、、モップ?」
冬次「さっきのプールのを借りてきたんだ;」
「はあっ!」
ラケットを払う
モップを剣道の竹刀のように持ち、じわじわと間合いを詰めて行く。
おっさん「オワタナアアア、、」
冬次「はあああっ!」
胴に鋭い一撃が入る
おっさん「オワギュアア!!」
胃液が口から噴き出す。

陽太が口走る
「そいつは、不死身かもしれねえ、、気をつけろ、、」
冬次「不死身?」
陽太「影に支配されてると思うんだけどよ、、中の影を切らねえとダメなんだ、、。」
冬次「影を切る、、?」
陽太「ああ、、。そいつはひまわりってやつしか出来ねえんだよなあ、、;」
おっさんがよろめきながらも襲い掛かって来た。
冬次の剣が2発入る!
おっさんが膝をつく
!トンッ
さらに首筋に手刀が入った、陽太の最後の力を振り絞った攻撃である。
陽太「これで、、気絶したはずだぜ、、」
陽太もまた倒れこんだ。
冬次「よ、陽太!;」
「と、とりあえず陽太を警察に引き渡して、この暴漢を保健室に、、いや逆だ;」

、、何とか先生方を呼び、暴漢は取り押さえられ、陽太は保健室に運ばれた。;
午後4時頃、冬次と先生は保健室で陽太の様子を見ていた。
女子テニス部員のエミコも保健室で休んでいた。
陽太「、、あオレ保健室に運ばれたのか、、」
先生「おお、、気が付いたか」
冬次「だ、大丈夫か!?」
陽太「ああ、お前のおかげで助かったぜ、、」
冬次「おれの、、おかげ、、」
陽太「借りができちまったな^^」
冬次「いや、そんな;」

女子部員達が、保健室にどっと入って来た。
「エミコ、大丈夫?」
「エミコを助けてくれた男の子って?」
「あっ、この子だ。」
陽太のところに寄って行って、
「あ、、さっきはエミコのことありがとう。こんな、、怪我しちゃって」
陽太「お、おう、、オレもやられちまってな;こいつにギリギリ助けられたんだ^^;」冬次の方を指差す。
女子生徒「北神君だったの;ありがとう」
「やっぱり剣道強いもんね、みんなを守ってくれたんだよ」
冬次「い、いや、、ははは;」
(みんなを守る、、か、おれの力が役に立てた、、?)
エミコも起き上がって来た。
「あの、、さっきはありがとう、」
陽太と冬次2人に向けてお礼を言った。
陽太「おう、腕はもういいのか?」
エミコ「うん、大丈夫だって言ってた。」
冬次「いきなりで怖かったよな、、」
エミコ「怖かった;、、でもみんなが守ってくれたから大丈夫」
冬次「だよな^^」
一同も笑う「はははははははははは!」

先生が発言する
「、、悪かったなプール掃除をさせておいてこんなことになってしまって;」
陽太「別にいいよ」
「そうか、、暴漢は取り押さえて、縄でぐるぐる巻きにしておる。今職員室だ」
陽太「先生さ、、危ないから早く警察に引き渡した方がいいぜ。影が「生きてる」からな、、」
先生「、、分かった。早く引き取りに来てもらうように電話しておこう。」
と言って、職員室へと向かった。

陽太「あーあ、なかなか帰れそうにないな、、。あいつら待ってるかなあ、、」
冬次「、、確か能力を持った仲間達だよな?、、。」
陽太「ああ、剣みたいなのもいるぜ。」
「あっ、お前も合ってみろよ!」
冬次「えっ!?」


(続く)
久しぶりの更新です。(^^;)
ストーリーも良い流れになってきたかな、、
自分もナッツに見てもらったら、、酷評っぽい。w
00:00  |  小説  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。